読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

貯金て200万あれば良くね?

金ってものは悪魔的であればあるほど欲しくなる。
10億円超えると子供の代まで遊んで暮らせるのにまだまだ金を増やそうとする病にかかっている大富豪は多いという。


銭の戦争という韓国ドラマでも金の魔力に取り憑かれてひたすら金だけを追い求める人生を送る男の話がある。

でもさ?結局いくら必要なのよ?10億円あれば安心?そりゃ子供の代まで遊んで暮らせるだけの金があれば安心だよね。でもサラリーマンの生涯賃金が2~3億円とか言われてるのに10億なんて貯めれねぇ・・・。

じゃあ普通に考えていくらなのか?

とりあえず200万かなと俺は思っている。もっと少なくてもいいと思うけど貯金って何か突発的なアクシデントが起こった時にすぐに使える金ということだけど200万円あればそれなりのアクシデントに対応可能だろう。

もちろん生命保険とか各種保険には入っているというのが前提ではある。

200万円あれば恐らく一人なら一年ぐらい働けなくても問題なく暮らせる。

いきなり車が必要になっても現金で買えるし、いきなりブラジル旅行に行きたくなっても普通にキャッシュで払えるだろう。

そう考えるとやはり200万円あれば十分でぶっちゃけ独り者なら貯金ゼロでも大丈夫だろ。日本には社会保障がちゃんとあるし金のかかる病気にかかっても生活保護を受給していれば医療費はタダである。
生活保護を受けていなくても高額医療費は確定申告で戻ってくる。日本はちゃんとした国だから言えることなのであるが。

ということで1年ぐらい働かなくても普通に暮らせる200万円は貯金しておこうと思う。

若者なのに金を貯めることばっかり考えていたりするとなんか無駄だなと感じる。