ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

意識低い系の主張

俺は意識低い系で生まれてからずっとやってきた。

まぁはっきり言って意識低い系には厳しい世界だよ。何でもかんでも競わせて立派な大人になるには競争に勝たなければならないと言われて育つ。

いやいや俺からしてみればどうやればギリギリ死なないで生きていけるかが一番重要だと思うんだよ。

立って半畳寝て一畳って言葉があるようにでかい家なんていらないし都会に住めば車もいらない。人間ギリギリで生きていけば非常にローコストで生きていけるわけだ。

わざわざ500万も払って高いクルマを買ってわざわざ3000万円も払ってマイホームを買う。

そんなのが幸せの象徴みたいな定義誰が作ったんだよ?

俺からしてみれば出来るだけ金をかけないで幸せに暮らせる生き方のほうが重要だと思っている。

だ から学生の頃もギリギリ赤点にならないように勉強してギリギリ大学に合格するレベルで大学に入り、大学の時もどうやれば効率よく過去問を集められるか?を 考え、社会に出てもどうやれば働かないでお金を稼げるか?を必死で考えて頑張って寝ながらお金が入るシステムを作り上げた。

意識高い系の人からするとどれだけ残業して残業代を稼げるか?必死で頑張ったりどれだけ休日出勤して業績を上げられるか?を頑張ったりしているわけ。無駄に色んな仕事を引き受けて徹夜で仕上げたりもうがむしゃらに働くわけ。

それは別に否定しない。がむしゃらに働くことで自己肯定感が強まるのならどうぞご自由に働いてもらって結構だ。元気が有り余ってるんならちょうどいいと思う。

ただそれを人に押し付けるのはありえない。たしかにお前は俺の上司で同じプロジェクトをやってるんだから俺もその納期でやらなければならないのはわかるが明らかに徹夜で2週間も泊まりこみになるようなスケジュール組むのはおかしいだろ?俺にそれを求めるのも理解不能。

俺は労働基準法で定められた範囲内で働くことにしている。残業も一日2時間程度の常識の範囲内ならやるが朝の9時から朝の9時まで働くみたいな意味の解らない生き方は不可能。

ということで意識高い系と意識低い系は絶対に理解し合えない生き物だといえる。

たぶんこの社会は意識高い系の人間が牛耳っているので意識低い系の人はなんとか公務員になるか、もしくは俺みたいにフリーランスで誰にもマネジメントされない領域で生きるしか無いだろう。

あと、意識高い系の人間に混ざって行動する時は無理やり意識高い系を演じることで衝突を避けることをおすすめする。俺みたいにガチで喧嘩しても何の意味もない。