ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

ギリギリ生きてるぐらいでいい

なんだかフェイスブックを見ているとアホみたいに海外行った自慢とかどこそこのおしゃれなレストランで飯食った自慢とかが溢れている。

まぁ別に好きならそれでいいけど俺は海外でラグジュアリーなバカンスを楽しむことやムダに高い飯を食うことなど全く興味が無い。

 


あとフェイスブックの友達の数がどうとか何の意味があるの?1000人友達だからってほとんどただの知り合いレベルだよね?

俺はギリギリ生きているぐらいのレベルでいいと思っている。昔から向上心というものは殆ど無く、親が許すギリギリのところの学校でギリギリの成績でギリギリの大学に入り、呆れられるレベルの会社の社員になった。

特に秀でた能力もなく絵画では賞を何個かもらったりしたけど授業で描くぐらいの絵以上に絵を描きたいとも思わずそっちの方向には進まなかった。

本当にのんびり雑魚釣りしてるだけで満足な人生だから。デカイ魚を釣りたいという気持ちはなくはないがそのためには結構きついことをしなくちゃならない。きついことをするんだったら雑魚でいい。

そうやって生きてきたけど別に後悔とか全くしてない。

結局人生に意味なんて無いんだから自分のしたいようにすればいい。いちいちフェイスブックでアピールしないで欲しい。まぁ見なきゃいいんだろうけどw

一万年後に人類はどうなっているかしらないがまず間違いなく自分の痕跡すら残らないのは間違いない。既に人類は地球を捨てて他の惑星で暮らしているかも知れないし人類が滅亡しているかもしれない。

 

殆どの人間の生きた証なんてものは残らない。だからストイックに生きてもいいし死んだように生きてもいい。誰にも文句は言わせない。人に迷惑さえかけなければそれでいい。