読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

働けば働くほどお金が無くなる話

これは俺がまだ働いていた時の話だが働けば働くほどお金がなくなっていた。

何故か?

そりゃ働いて稼いだ分以上に使ってたからだろ。

 


今は月に20万ぐらい貯金する余裕がある。もちろん社会保障費とか税金とか実家への入金は全てちゃんとやって競馬もやってそれだけ貯金出来てる。

そう、もともと俺はお金を使わないでも平気で生きていける人間なのだ。

なのになんで働いて稼いだ分以上の金を使っていたのか?そりゃストレスが溜まるからだよ。

ムカつく上司の愚痴をこぼしたいから後輩を連れて飲みに行っておごってあげたりしてるし、可愛い子のいる店に行って金を使いまくる。

身なりも社会人らしくちゃんとした格好をするために無駄にブラックレーベルで揃えたり最低限の金を使っていた。

他にも付き合いで20万のロードレーサー買ったり、そのロードレーサーで群馬のレース出たり伊豆大島一周したりしたし駅伝大会に出るとかで靴買ったりした。

まぁ若いころ金を使うのは人生への投資だと思うのでそれはそれで必要だとは思う。経験はお金と違って無くならないから。

でも本当にストレス解消目的で無駄にコンビニでおやつとか割高なのに買いまくってたし徹夜で働くためにエナジードリンクを毎日買って飲んでいた。今考えるとレッドブル一日3本飲む生活とか異常だと思う。

世の中うまく出来ていて働けば働くほどそのために必要なコストが上がるように出来ているようでストレス解消のためのコストは給料と同時に上がり続けるように感じる。

別にDVDを集めているわけでもないのに少女時代とかエグザイルとかKARAとか湘南乃風とかのDVD付初回限定盤アルバムを買い漁ったりしてた。全部売ったけど二束三文w

お金をつかうというのはある一定のストレス解消にはなるようで本当に無駄なものを色々買いまくった・・・。2万円のキーボードとかiPadとか今となってはマジで不要に感じるしデジカメなんて買ってから数回しか使った記憶が無い。完全に今考えると無駄遣い。

でもストレス解消には役だったからそれはそれで必要経費だとは思うが・・・。

他にもタバコだったりビールだったりも必需品だった時期がある。今ではビールとか年に数度だしタバコを最後にすってから3年ぐらい経った。

まぁそんな人ばかりではないけどそういう人も結構いるだろうなって思ったのでちょっと書いてみた。