読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

タバコ・パチンコ・会社・・・俺は何でも辞めてやった

何でもやめれる。

履歴書の特殊技能の欄にこう書いてやりたいくらいやめるのなんて簡単。

まずタバコ。

タバコは25秒吸いたい気持ちを我慢すれば吸いたい気持ちが薄れる。

買いたくなっても買わないことにすれば吸えないからいつの間にか吸わなくても平気になる。

こうして辞めた。

 

f:id:jackson24:20150514114558j:plain


次にパチンコ。

パチンコはありゃ催眠の一種だ。光と音で徐々に洗脳される。これをとくのは難しかった。パチンコ屋の前を通ると吸い込まれるのだ。駅前にパチンコ屋をつくるのはこういう奴を吸い込むためだ。

俺は道を変えた。パチンコ屋の前を通らないことにしてしばらく経つと洗脳が解けてやらなくなった。

重要なのは意思が弱いのはわかってるんだから目の前に持ってこないことだ。

人間の重要な技能のひとつが忘れるということ。何もかも忘れればいい。


会社だが3回辞めている。

辞めて職探しで苦しむほうが会社にいるよりよっぽどましだと言うレベルでなければ辞めてはならない。
日本の企業は未だに新卒でなければ出世街道に参加することすら不可能だからだ。

会社を辞める回数が増えると採用側の不信感も上がり採用されづらくなる。

結局日本の会社には我慢強い空気の読める人間が生き残るように作られている。

そういうリスクを考えた上で技術力を高めて自分自身の価値を高めることで次につなげるのが転職者のさだめ。

技術力もなしに辞めては現状維持すら非常に困難になるのは間違いない。考え無しには転職をしてはならないのだ。


で、まぁそれはそうと今一番辞めたいものがある。

それがコーヒーだ。

俺はたぶんカフェイン中毒でカフェインアレルギーだ。

一日3杯以上はコーヒーを飲む生活が5年くらい続いたせいでアレルギーを発症したようでカフェインを取ると体がかゆくなる。昔はこんなことなことなかったんだけどかゆくて仕方ない。

ということで今カフェインから距離をおいた生活をスタートしている。

実家がみんなコーヒー好きでコーヒーばっかり飲んでるけど俺は紅茶と言ってやろう。めんどくさい奴だ。でも俺の意思は固い。

ちなみに、緑茶や紅茶にもカフェインは含まれているがコーヒーのように人体に吸収されやすくないので体外に排出される。

なのでコーヒーの変わりにこれからは緑茶や紅茶を飲むことにする。