読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

カジノが出来てもギャンブル依存症は増えない、本当に怖いのは今ある公営ギャンブル

人生

最近国会見てるとなんか民主党やら社民党やらがひたすら「カジノ法案はギャンブル依存症を増やす誰も幸せにならない法案だ」と唱えている。

 

いやいやギャンブル依存症が危険ならまずやるべきことをやらんとダメでしょ。1番ヤバイギャンブルはどこの街にも存在しているパチンコであり、そこそこの街になら大体存在している公営ギャンブルなんだからまずそれを潰す努力をしてから言ってほしいと思うのでちょっと俺のギャンブル歴を語る。

 

パチンコは23兆円産業

 

これでも昔よりも大きく減っている。昔は30兆円を超えている時代があった。異常だと思わないだろうか?ちょっと強引だが日本の人口を約1億人と考えて年間一人あたり23万円もパチンコにつぎ込んでいる計算になる。もちろん払い戻しされるお金があるのでそこまで消費されているわけではないがものすごい額だ。

 

公営ギャンブルの場合は競馬で2兆円、競艇で1兆円近くが年間総売上。それでもかなり多くの金が使われていると感じる。

ちなみにマカオで年間使われるお金は5兆円と言われている。ラスベガスが世界最大だったのは過去の話で今や世界一のカジノはマカオである。

 

というわけでパチンコは実は世界最大のギャンブルであり、マカオの4倍以上の金が使われているということになる。

 

だって大体どこの駅前にもパチンコ屋はたくさん立ち並んでいて田舎の唯一の娯楽がパチンコ屋で休日には駐車場が満車だもんね。そりゃ儲かるよ。

 

私がパチンコにハマってたのは失業中で失業保険をもらってパチンコやっていた。パチンコは非常に魅力的な暇つぶしで家族には再就職活動をしているかのように振る舞いながら毎日のようにパチンコをしに行っていた。

 

パチンコの恐ろしいところが中毒性の高さであり、最初は面接が早く終わって家に帰ってもすること無いしちょっとパチンコやって暇つぶしするかって程度だったのに一度ハマると京楽のキュィーンキュィーンというあの音を聞くたびに脳からエンドルフィンがドバーと流れ出し止められなくなる。

普通のゲームと違ってパチンコ台には色々な仕掛けが施され(これを役物という)これがまたよく出来ていてあの仕掛けが見たいから打っちゃうみたいな状況に陥る。

 

私の場合はもうあまりにも好き過ぎるパチンコはプレステのソフトで買ってきて熱いリーチを見るモードで何回も見続けていたことがある。それぐらい中毒性が強いといえる。

友人は中古のパチンコ台を購入して家で騒音を撒き散らしていたら警察が来たらしい・・・。

 

使う金も安い金額ではなく4円パチンコの場合は千円なんてあっという間に無くなる。負ける時は数万円単位で負けてしまい帰り道、ずっと足元を見ながら歩いていたのを思い出す。

 

もちろん失業保険は使い果たし貯金も使い果たし、絶望のせいかその頃の視界は今の半分ぐらいしかなかったような気がする・・・。

 

パチンコを辞められたのはブラック企業に就職できたおかげであり、朝から深夜まで労働し何ヶ月も休みがまともに取れない日々が続いたおかげでなんとかパチンコを忘れることが出来た。今や好きだった機種がもうなくなっているので行こうとは思わない。

 

公営ギャンブルが身近すぎ問題

 

公営ギャンブルがとても身近。うちから阪神競馬場までわずか15分であり、その他の公営ギャンブルも無茶苦茶多い。

 

大規模な都市ならどこにでもあると言っていいレベルで公営ギャンブル場がある。戸田ボート、大井競馬場京王閣・・・ギャンブル天国かよ。

 

俺も最近近所のボートレース場に通い始めたわけだが本当に一度体験してしまうと絶対ハマる要素がある。競馬の場合はコースが違っているので予想が難しいが競艇の場合当たりやすい。コースは同じでたった6艇しか走ってないんだから穴ばっかり狙って買うんじゃなきゃ何レースかやれば絶対当たる。これが怖い本当に。

 

当たるからハマるわけ。しかも毎回当たるわけじゃなく本当にちょっとしたことで穴が来るからまた面白かったりする。本当にギャンブル性が一番高いのが競艇だと感じる。

 

私がパチンコに激ハマりしたきっかけも羽パチンコと呼ばれるちょいちょい当たるパチンコを打ち始めたのがきっかけだ。

 

当たる興奮を脳にインプットさせればもうギャンブラーの出来上がり。恐ろしい。

 

ネットで気軽に買えるようになって恐ろしさ倍増

 

今どんどん公営ギャンブルの売上が増えている。数年前まで地方競馬は売上低迷からあちこちが潰れかけになって高崎競馬は実際に2004年に潰れたりしている。

 

高知競馬なんかも赤字垂れ流しでやばかったのだが最近一気に黒字化して好調を取り戻した。

何故かというとネットで馬券が買えるようになったから。

 

もちろん私もIPAT会員なのでネットで馬券買い放題!そのおかげで毎週買わなくてもいいレースまで買い失敗して損をしすぎている・・・。馬券専用口座にお金を入れないという荒業でなんとかしようとしたけど結局競馬場行って買っちゃうんだよなぁ。

 

まとめ

 

ぶっちゃけIR法案が成立して今後ギャンブル依存症が増えて日本がおかしくなるか?と言われると変わらないだろう。パチンコが23兆円売り上げる日本は既にギャンブル依存国家だから腐ったパンに新たなカビがくっついても何の変化もないと感じる。

 

大阪の夢洲という超広大な利用価値のない埋立地がカジノ計画でキレイになった方がまだましだと思うので今回のIR法案通過は私は歓迎。

 

本当に恐ろしいギャンブルは競艇・・・。競艇だけはマジでヤバイ・・・。