読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

年収100万円で十分幸せ

俺の去年の年収は売上730万円から諸々引いて課税所得300万円だったわけなのでぶっちゃけ年収100万円ではない。

 

ただ、今年のアフィリエイト収入が激減していて月30万円行くかどうかで売上で360万円、諸々引いたら年収30万円ぐらいになりそうな勢いだ。

 

そこで今回はもしも年収が100万円以下だったら俺は幸せなのかどうかを確認したいと思う。

 

今、使っているお金一ヶ月分を整理

 

  • 小規模企業共済3万円
  • 個人年金25000円
  • 健康保険・国民年金合計4万円
  • 実家への入金5万円
  • 車の維持費25000円
  • ギャンブル費4万円

 

合計が21万円ぐらいになる。これでは年間で240万円ぐらいかかってしまう・・・全然年収100万円ではどうしようもない。

 

というわけで今回は年収100万円で十分幸せとか無理じゃね?って話でした。

 

これで終わるとなんか納得行かないと思うので年収100万円で十分幸せに暮らせるようなお金の使い方を考えてみよう。

 

まず、小規模企業共済だがこれは節税効果が高いのでとりあえず払った方がいいので削れない、個人年金も自営業なので厚生年金がもらえないことを考えると払ったほうがいい。

実家へのお金は削っても何も言われ無さそうなので削れなくもないがまぁ食費とか電気代とか発生しているわけなので一応払っておこう。

 

他は、削れる。健康保険料なんて未加入の人いっぱいいるような気がするし、国民年金に関しては年収300万円以下の人間からは回収しないようなことを聞いた。

www.nikkei.com

ってことは年収100万円の人間は国民年金なんていうねずみ講システムで払っても帰ってこないものを払う必要なんて無さそうだ。

 

事故とか病気とかで障害をおった時に障害者年金が出ることを考えると普通の人は払っておくべきなんだけど年収100万円とかいう普通じゃない人間は払う意味がない。どう考えても払えないしね。

 

車なんて無くても都会に住めば基本的に自転車があればだいたい大丈夫。1時間ぐらい自転車をこげばどこへでもいける。

 

ギャンブル費に関してはぶっちゃけ俺の場合競馬の馬のエサ代として払っているお金なので俺の年収が100万円だったらそれはもう自分の食事代に使わないとダメってことで払わないだろう。競馬に関しては俺が1円も払わなくても馬は勝手に走ってくれるし小倉競馬場なら一日100円で入れるからね。他の競馬場も地方なら100円で入れる。お茶とかタダだし最高のスポーツ観戦。

 

ということで削った結果月々125000円で生きていける。年間1500000円のお金が必要・・・。

 

無理じゃん・・・やっぱり年収100万円じゃ無理だよ。普通に健康保険とか必要っぽいものまで削ってるのに無理か。

 

でも、大丈夫〜!この国には健康で文化的な最低限度の生活を送る権利があるので年収100万円の人は役所で申請して足りない分をもらいましょう。生活保護を受ける場合は貯金とか財産とかは持てないので他人名義にしておきましょう。

 

あ〜いい国に生まれてよかった。