ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

人気YouTuberになるための条件が厳しい

最近、大体YouTubeを見てしまう。ブログ書きながら休憩がてらおやつ食べながら見たりとかそんな感じで。

テレビの録画は全く消化出来てなくて大好きな乃木坂工事中も去年の秋ぐらいの放送がまだ未読のままだ。

 

それぐらい俺の可処分時間を奪い続けているのがYouTube

そのYouTubeでも色々なパターンがある。

 

一つ目がテレビの動画をパクったりするパターン。これに関しては放送されたテレビ番組を勝手に流して小銭を稼ぐ輩がやっているパターンで見てないテレビ番組を見ることが出来るということでこちらとしては助かるのだがテレビ局側としてはせっかく作った動画を勝手に使われて困ってるだろう。

 

その対策としてユーチューブチャンネルの合計再生回数が1万回未満のユーチューブチャンネルで広告を流せないようにし、更に1万回を超えた時に人間によるチェックを行い著作権違反の動画を流していないかを確認されるようになった。

www.itmedia.co.jp

 

これによって著作権を違反してYouTubeチャンネルを消されたらまた作るという作業で小銭を稼いできた犯罪者はもう壊滅状態となるだろう。

気軽に見てないテレビ番組を見れなくなるけどまぁ私が本気出せばYouTubeじゃないところから探すのであまり影響は無いんだけど。

 

2つ目のパターンがYouTuberと呼ばれる自分でコンテンツを作っている人々。

 

このユーチューバーも人気になってくると広告費で億を稼ぐようになる。

 

ただ、そんな人気YouTuberになろうと思うとマジできつそうだと感じたのでちょっと書いてみる。

 

まず、たった1年でチャンネル登録者数を100万人以上にしたヒカルというYouTuberであるがこのユーチューバーは動画に金をかけまくる。

 

欅坂のCDを何パターンも大量に買って中に入っている生写真をコンプリートする企画だったり、ゲームセンターの確率機に死ぬほど金かけていくらあれば取れるのかを検証したり、多分一年で2000万ぐらい動画に使ってる。最近なんかマンション買ってるしな。

 

ということで人気YouTuberになる方法その一は死ぬほど金をかけるってこと。多分一般人には無理でしょ。

 

次に、カラダを張る系もある。すしラーメンりくとかいう高校生YouTuberは熱湯風呂やらペットボトル爆弾近距離爆発動画とか一歩間違うと怪我して入院レベルの動画が大量にある。

 

どれだけマジで馬鹿なことに全力になれるのかが大事なのもYouTuber。

 

他は顔がカワイイとか大食いとかデブなのに歌が上手いとかノリツッコミが上手いとかぶっちゃけそこら辺にいるような人間には多分まねできないレベルの能力が必要になる。

 

まぁゲーム実況の人は割りと誰でもなれそうな気はするけど。これに関してはどこでこんなゲーム見つけてきたんだよってゲームを紹介できるかどうかも結構大事かもしれない。人気ゲームだけやってても飽きられる。

 

まとめ

 

YouTuberはまだ夢があると思う。これまでパクリ動画で金を稼げていたYouTubeが厳しくなって頑張っているYouTuberを応援するようなシステムに変わってくるはずなので今後一番熱い分野だと思う。

 

そこで私もYouTuberになろうと思ってDBPOWERとかいうGoProのパクリのアクションカメラを買ったんだけど充電しようとしてケーブルをつけたら端子が取れて充電できないんだよ・・・。もうね、こんなところで心折れて諦めてしまったよ・・・。

 

俺にはブログが有る!みんながYouTuberを目指している中、俺は逆張りでブログを頑張るんだ!神様がそうしろと言っていると思う。