ただの闇

もうとっくの昔にダークサイド

1ヶ月で20万以上使ってわかった安く夜の街で遊ぶ方法

おっさんになってくると友達も忙しいし、会社の同僚は俺以外みんなバカみたいに残業し続けているので一緒に飲みに行くことなどほとんどないわけで最近はガールズバーやらキャバクラへ行きまくってるわけなんだけど攻略法がわかったので紹介しよう。

 

一ヶ月で20万以上、大阪ミナミで使ってみた

私はなんやかんやでこれまでキャバクラとかガールズバーに行きまくるということはなく行ったことはあるけど付き合いで一回だけとかそんな感じだったわけである。

 

ただ、なんとなく行きまくるとどうなるのか試してみたくなり、さらにブログ収入も意外と儲かって経費で全部使ってみようと行きまくってみたわけである。

 

そこでわかったのが「延長すると超高い」ということと「女の子に飲ませると超高い」ということである。

 

大体の店が始めの40分とか1時間は安めに設定してあって3000円とか安いところだと2000円とかで飲める。ただ、延長になると急に次の1時間5000円とかに上がったりする。延長しまくると軽く2万円を超える請求が来たりする…。酒が入って気分が良くなると2万円とか別にええかってなるのが怖い。

 

女の子のドリンクは安いところでも500円以上する。こっちが飲み放題であっても女の子のドリンクは高いところがほとんどなので気をつけたい。

キャバクラの場合は平均1000円ぐらいはかかるので3000円で入っても女の子に飲ませてタックスが入ると6000円とかになっている…。

ボッタクリに近い店もあり、女の子のドリンクが3000円とかいう店もあるので本当に気をつけた方がいいだろう。

 

ボトル入れて女の子に飲ませれば安くつくんじゃね?と思ってボトル入れてみたけど女の子が「私緑茶割りが飲みたいから緑茶のピッチャー頼んでいい?」って聞いてきてええよと言うと緑茶のピッチャー3000円が発生するので普通に飲ませたほうが安くつく…。

 

案内所を通して行くと安い

普通に行くと5000円とかの店でも案内所を通すと3000円で行けたりする。なので必ず案内所を通していくべきということを学んだ。

 

案内所では安く飲むためには女の子には飲まさないこととかボッタクリに会いたくなかったら客引きについていくなとか本当に重要な情報を沢山教えてもらえる。

 

 

安く飲みに行く方法まとめ

女の子とカラオケしながら飲み放題で1時間2000円で遊ぶために必要なことは、

  1. 案内所へ行く
  2. 女の子に飲ませない
  3. 延長しない

これが大事。

 

1時間じゃ飲み足りない!!って時は延長するんじゃなくて、もう一回案内所へ戻るのが正解。1〜3を何回か繰り返せばオッケー!

 

どうしても口説きたいならがんばれと言うしかないけど女の子は商売でやってるからそう簡単には上手いこといかんよね。

 

一夜をともにしたいっていうんなら飲み屋に行くんじゃなくて出会い居酒屋とか行くべきやね。なんばにはいくつか出会い居酒屋があるらしいので今度調査しに行く予定。