ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

無職の日記

朝、7時に目覚ましがなる。起きる必要はなくても私は起きる。朝活をするからだ。

 

今日の朝活は二度寝。もう一度寝ることにする。しかしそれは無理だった。なぜならカーテンがない部屋に住んでいて朝日がものすごいからだ。一度おきてしまうともう寝ることは出来ない。

 

仕方なく、起きて何かすることにした。朝からやっていて楽しいそうな場所はどこかと考えたら朝7時から12時までフリープランで歌い放題のひとりカラオケ専門店ワンカラを思いついた。

 

早速行ってみる。朝の時間帯はヘッドフォン300円引きとなっていたので一番安いレンタルヘッドフォン300円が無料で借りることが出来た。

 

朝から鬼束ちひろのシャイン、インフェルノ、月光と暗い歌を歌う。ひとりカラオケなら盛り上がらなくても大丈夫。その後、リライトとワタリドリを喉の限界を超えた声で歌う。

 

一時間で声が枯れてしまったので終了。400円なり。

喉がガラガラである。なぜなら3日ぶりに声を出したからだ。無職で一人暮らしだと本当に声を出す機会がほぼ無い。

 

アレクサ!電気つけて!

と言ってもうちにはそんなシステム無いので電気はスイッチを入れないと付かない。

 

なので家ではまず声をだすことがない。

 

声がかれたので飲み物を求めて漫画喫茶へ入る。少しでも安いオープン席で時間を潰すことにした。朝活開始である。

 

新刊コーナーで見つけたキングダム50巻を読む。歴史の勉強である。

とても面白いが久しぶりに読むと誰が誰だかわからなくなる。名前が難しすぎるのも辛い。

 

3時間ほど漫画を読んで店を出た。お会計は515円である。ソフトクリームと飲み物2杯も頂いてこの値段とはお得だと思う。

 

すでに昼を過ぎていたのでご飯を食べることにする。前から気になっていた肉料理屋に行ってみる。いつも行列で気になっていた店だ。

 

一人だったのでスムーズにカウンターに案内され出てきた。生焼けの肉を目の前の鉄板で炙って食うスタイルなのだが1600円とわりといい値段する。しかし、その値段は完全に妥当であり、なんなら少し安いとすら思う。それだけのボリュームだからである。

しかも美味くてご飯とキャベツおかわり無料。牛丼は常に並盛りしか食わないぐらい食の細い俺がご飯をおかわりするほど美味かった。

 

たまには高い飯もありだなと思いつつも無職なのでこのご飯がこの日唯一のご飯となるのである。

 

その後、休憩がてらマクドナルドへよる。100円でアイスコーヒーを頼み、しばらく食いすぎて重くなった胃を休ませる。

 

そして帰宅して今このブログを書いている。

 

今日はとても有意義に過ごせた。昨日も一昨日も雨でほぼどこへも行かなかったからね。

 

無職は本当にダメだ。思った以上に人間としてやばい感じになってきたので職をそろそろ探そうかと思う。1ヶ月ぐらい遊びまくろうと思ったけど無収入と考えるだけでお金が減るのが怖くて仕方なくなってしまう。働いて稼いで遊ぶ!このサイクルこそが正しい人間のライフサイクルだ。