ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

競馬がギャンブルだって!ゲーセンよりも健全だよ、競馬は

agora-web.jp

 

こんな記事が上がっていたので物申すが、競馬はギャンブルの一種ではあるが全然ギャンブル性が高くないと言える。

 

なぜそう言い切れるのか?というと競馬のレースは最大18頭立てのレースとなり、当たらない。

 

18分の1を当てるギャンブルなど普通に考えて全然当たらないのである。当たらないと儲からないので成功体験が得られずのめり込むことがない。

 

本当のギャンブルは丁半賭博のような当たる確率の高いものとなり、とても簡略化されたものこそがギャンブルと言える。

 

18頭も走る競馬というものはどうしても買う時に考えることが多くなり、適当に買うことができなくなる。そうなってくるとギャンブル性が低くなってくるわけである。

 

何も考えずに買うなら断然競艇であり、あれは内枠有利でしかも勝率とかがほとんど決まっているし、コース状態から何からまぐれがほとんどない。とにかく当たりやすいので三連単5倍とかのところに何万円ぶっこめるか?が重要になる。これぞまさにギャンブル!

 

競馬なんて馬の機嫌や、コース状態、騎手との相性などまぐれの要素が多くなりすぎる。だからこそ何千万円という馬券になるわけであるがそれだけ当たりにくいということだ。そうなると一レースに何万円もぶっこむわけにはいかなくなるからギャンブル性が低くなるわけである。

 

私の場合、競馬を毎週やってるが週5000円という予算でやっている。

 

週5000円という低予算で遊べる遊びなんてなかなか無い。スロットやらパチンコなんかだと5000円で一日遊ぼうと思ったら相当な強運がないと無理だし、普通にクレーンゲームやっても5000円とか一日遊べる訳がない。

 

かろうじてメダルゲームなら5000円あれば一日遊べそうな気もするが…。

 

その点競馬の場合、一日12レースやっても一レース100円で遊べば1200円。飯とか食っても一日5000円で十分楽しめるのである。

 

私の場合、もう競馬で儲けてやろうなんて全く思って無くて5000円で一日遊ぼうと競馬場へ出かけているわけである。

もちろん当たれば嬉しいし、はずれれば悔しいけど最終的に自分が使った金がJRAの運営に使われてまた面白いレースを見れると思えば安いものだと思う。

 

それに競馬の売上は農林水産分野の発展のために使われるという大義名分があり、日本の畜産や農林水産に貢献していると思うと競馬がただのギャンブルだと全く思えないんだよね。

 

 

中央競馬なんて午後17時には全て終了してお開きだし、本当に健全な遊びだと思う。叩かれる理由なんてどこにもないよ。