ただの闇

もうとっくの昔にダークサイド

お金の不安を減らすなら算数・数学を学ぶといい

f:id:jackson24:20161213152620j:plain

メンタリストDAIGOのYouTubeを見ていたら面白いことを言っていたので紹介する。

 

未来を見通せる学問は算数・数学しか無い

砲弾が発射された時にその砲弾がどこに着地して被害を受けるのか導き出せるのは数学であり、この世界の未来を見通せる学問というのは算数・数学であるということを言っていた。

たしかにその通りで、自分の人生にどういうリスクが何%ぐらいあってそのために必要なお金はいくらという計算を出来るのは算数・数学である。

 

算数ができないと、ローンの金利の計算が出来ず、自分が賃貸で一生暮らした場合と持ち家で一生暮らした場合の差がはっきりと見えてこないだろう。

 

一般的に家賃を払い続けるぐらいならローンを払って何十年か後に自分のものにしたほうがその後の生活が楽になると思うのが普通である。

 

ただ、数学が得意な場合、3000万円の家を35年ローンで買った場合、金利が2%の場合は合計4000万円ほどかかるという計算が出来て、固定資産税や税金の控除などパパっと計算して賃貸の場合と比較することが出来るだろう。

 

子供が大きくなって部屋が不要になった場合は減築したり、その家を売ってしまって別の所に家を買う方が得になるかどうかなどもすぐにわかる。

だから数学が得意な場合はお金の不安が少なく済むということである。

 

人生に必要なお金を先に知っておけば無駄に貯金に励む必要性がないということだ。なんの目的もなく不安だからお金を貯めて置かなければと思っている人は本当にそのお金が必要なのかを調べてみると良いかもしれない。

 

お金を数えると痛みが和らぐ

ぱっと見て何十枚あるかわからない程度の大量のお札を用意して数えると痛みが減るという調査結果がある。これは一万円札でも千円札でもいいので大量にあるお金を数えると良いらしい。

ただの紙を数えたグループとお金を数えたグループに分けて実験した結果、お金を数えたグループは身体的苦痛を感じにくくなったのである。

お金を数えることで鎮痛作用を得られるというのはとてもコスパの高い方法ではないだろうか。

rocketnews24.com