積み重ねの日々

この世の全てを俯瞰的に眺めていろいろと本音をつづるブログです。

背中が痛すぎてどうにもならない

ガチでただの愚痴を書くが、背中の筋肉というか何かがマジ耐え難い痛みで首動かすたびに激痛が走る。

 

これは5年ぐらい前に風呂入ってて頭を洗っている時に筋を違えた時から定期的に年に2〜3度起こるよくわからない現象で病院に行って調べてもらっても湿布と痛み止めをわたされて終わり。

 

1週間ぐらいしたら首を動かしてもそれほど痛くないぐらいまで回復するのだが2,3日はマジで寝返りをうつことすら出来ない痛みが続く。

 

首が動かせないから自転車に乗っていても安全確認のために振り返ったり出来なくて止まってゆっくり後ろを見るとかしないとダメだし、とっさに横を見るとズキーン!と死ぬほど痛い。

 

ひどい時は本当に寝たら最後、起き上がろうにも痛すぎて仰向けには絶対に起き上がれず、うつ伏せになって首に負担がかからないようにゆっくり起き上がるしかないが仰向けからうつ伏せに移行する時が痛すぎて何分もかけてゆっくり動くしか無い。

 

今日も朝起きた時になんかちょっと痛いなと思っていたらどんどん痛みが増してきて今はもう全く動かなくてもずっと痛みと戦っているしか無い状況。多分このまま寝たら明日の朝は激痛と戦いながら体を動かすしかなくなるのだろう。

 

マジでポンコツ過ぎてやべえわ。

まだと言っては何だが34歳である。34歳でこんなあっちこっちボロボロってほんとボロい身体に生まれたもんだよ。

 

酒に弱いし、三半規管弱くて乗り物酔いは酷いし、IQ検査の結果がひどすぎて教えてもらえないぐらい頭悪くて、定期的に動けないぐらい背中が痛くなる身体。

 

物心つくまでに死んどいた方が幸せだったなとしか思えない。22歳で親友が自殺したわけだがいつもそいつが人生の勝ち組だなと思ってしまう。22歳という健康的にピークであり、社会の荒波にも揉まれず学生時代という人生で一番楽しい時期を過ごして自ら人生を終わらせる。マジでそれが最高の人生だろ。俺はそいつに負けたくなくて人生の勝ち組になってあの世で俺の勝ちと言いたかったんだが正直勝てる気がしない。