ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

仕事を辞めて気付いたメリット・デメリット

仕事辞めてだいぶ経ったのでちょっと気付いたメリットデメリットを書いてみる。

メリット。

1.風邪を引かなくなった。

菌がいないからね。前の仕事は狭い事務所に30人くらいいて、誰かが風邪を持ち込んでくるのでちょっとでも体調が悪いとすぐに風邪をうつされた。今は一人だから人ごみに行かなければ基本的に菌がいない。 ストレスもほとんどたまらないし体調はずっといい。

2.人ごみを避けれる。

休日は凄い人でも平日は並ばず入れる店が多い。時間を避けることが出来るのもメリット。満員電車とはおさらばですw

3.安くつく。

混雑を避けるために休日料金を設定しているお店は多い。平日特別料金の場所はかなり多い。深夜バスやフェリーなどの交通手段も平日ならかなり安く乗ることができる。旅行に行くなら間違いなく平日。道路もすいてて車の燃費もいい。

4.規則正しい生活が送れる。

誰にも邪魔されず8時間ゆっくり寝れる。夜12時に布団に入り朝8時に起きる生活は非常に快適。ご飯も3食決まった時間にとれてランニングも予定通り行なえる。仕事をしていたらなんだかんだで一日2食とかになりがち。こっちの方が健康的。

5.自由。

これが一番大きいね。結局テレビ見たければ見るし、昼寝したければ寝るし、おやつ食いたくなったらコンビニ行くし、まぁ金が続けばだけど。

デメリット。

1.しゃべらない。

1週間まるまる声を発すること無く生活できてしまうから声の出し方がわからなくなる。とりあえずたまにひとりごと言って声の出し方を思い出しておく。一人カラオケに行って声の出し方を思い出そうかと考えたりするが恥ずかしくて行けない。

2.動かない。

パソコン好きで読書好きな俺は丸一日家でいるのに苦がない。確実に衰えるし太る。しょうがないから週に1度水曜日は3キロ走ることにしている。

3.金が無くなる。

一応半年は誰に頼ることなく就活が出来るように金は貯めておいたけど寂しすぎてお姉さんのいるお店に行ったりすることがたまにある。なので予定通りのスケジュールでいけるか怪しい。一応失業保険があるから職安に行って就活すれば来月からお金が入る予定。

4.寂しいときがたまにある。

基本的に俺は一人でも特に寂しいとは思わない人間だがたまにある。2週間に1度くらいは気の合う仲間で飲みたい。でもみんな忙しいんだ・・・。そうだよね、仕事してるんだもんね・・・。だから俺は普通にキャバクラに行っちゃう。キャバクラの女の子みんな優しいけどお金が続かない・・・。

5.成長の鈍化。

一応書籍は一ヶ月に5000円分くらい買って勉強はしているけどだらだらする時間が増えて段々勉強する時間が減ってしまったりしている。仕事をしていたらメリハリをつけて仕事と勉強を出来るんだが・・・。自由すぎるのは堕落の一歩だ。 と、まあなんとなくメリットデメリットをまとめてみた。自由と孤独は別の言葉だけどそこに立っている気分は同じなのかもしれないという誰かの詩みたいな状況を味わえるのがひとり暮らしの失業です。