ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

新入社員が懲役40年とか・・・

なんかTwitterでやたら盛り上がってるのが新入社員は懲役40年の牢獄に入所した的なこと。

 

真意はよくわからないが本当にそう思っている人がいるのなら働き方が間違ってるんじゃないかとは思う。

 

俺の場合は新卒でショップ店員をしていたのでほぼバイトみたいな感じでシフト制というわけでオフィスワークではなかったため懲役というイメージは全然ない。むしろ好きだったショップで働けて楽しすぎた。まぁ店長が変わってその店長の方針が気に食わなかったので半年でやめたけどねw

 

辞める自由はある国

 

懲役の場合は脱獄しないと住む場所もやる仕事も選べず食べるものすら選べないが仕事はいくらでも選べる。

 

だから新入社員はいくらでもやめればいいと思っている。

 

お前はどうなんだよって言われそうなので言っておくとショップ店員を半年でやめたあとWebデザイナーを1年で辞め、Webプログラマーを3年で辞め、ウェブディレクターも3年で辞めてる。他にも何個かやったけど短すぎてカウントすらしない。

 

仕事辞めたら人生終了みたいな感じで思っている人がいるならそんなことはないと言える。俺が証明だから。適当に生きてもなんとでもなるわけだよ。

 

仕事辞めまくったら出世コースから離脱して年収が上がらないんじゃないか?とか思うかもしれないが実力が全然ないその会社でしか通用しない人間の場合会社を辞めると給料が下がるかもしれない。ただ、常にスキルアップを心がけ仕事をしながらもいろいろなことにアンテナを貼って生きている人間なら確実に引く手あまた。

 

私の友人など私より遥かに学歴で劣っているが一部上場企業に役職付きで入社した。年収は上がり続けている。

 

彼がなぜ転職を成功させたのか?というと彼の努力にほかならない。勉強熱心で努力家だからこそ転職に成功しているわけだ。

 

つまり、懲役40年になってしまう人間はその会社にしがみつかないと生きていけないダメな人間ということになる。努力しない人間はどこへ行っても通用しない。だから年収は下がり続け40歳で警備員とかぐらいしか就ける仕事がなくなるわけだ。

 

私の場合、いろいろな会社をやめまくったがWeb関係の会社で数年泥水を舐めるような苦しいあと一歩で過労死レベルの炎上プロジェクトをいくつもこなして今がある。

 

あの経験が無ければ今こうやって独立してフリーランスで会社員だった頃の年収の倍稼ぐようなことになっていなかっただろう。

 

懲役40年と言われればそうかもしれないが20代の頃必死で頑張れば10年で出所してハイパー自由な生活をおくることが可能なのが今の時代だと感じる。