ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

映画は吹き替えで見ろ!

外国映画は吹き替えで見るべきかそれとも字幕で見るべきか?の論争もつぶあんこしあん論争などとともに長年両者が歩み寄ること無く続く不毛な争いになっているわけであるが私の意見はこうだ。

 

映画は吹き替えで見るべき理由

 

論理的に物事を考えるとその利点からみて吹き替えで見るべきなのでちょっとその利点とやらを書いてみる。

 

字幕は文字数が限られている

 

翻訳の達人である戸田奈津子氏は少ない文字数で伝わる文言にして字幕をつける事ができてしまうが通常字幕ではニュアンスが伝わらないぐらい短い文章になってしまうことがほとんど。

 

DVDなどで日本語吹き替えと字幕両方同時に出してみると全く違うことを言っていて字幕はかなり端折られていることに気づくだろう。

 

早口の英語を字幕にしてしまうと相当な部分が削られて意味は通じるけど脚本家の意図は伝わらないということになる。

 

字幕は文字に集中してしまう

 

映画ってのは映像を見て楽しむものであって字を読むことに必死になるものではない。字幕の映画の場合自然と目線が字幕の部分へ誘導されてしまい本来監督が見てほしいと思っていた映像とは違ったものを見ていることになる。

 

吹き替えのデメリット

 

俳優の声ではない

 

吹き替えをする人間によって大きく映画の印象が変わってしまう可能性がある。

 

ジョニーデップやブルース・ウィルスに関してはかなり俳優と吹き替えの声に差があり別物と言っていいぐらい映画の印象が変わってしまう可能性がある。

 

映画館がしょぼい

 

吹替版と字幕版では字幕派の人間が多いからか字幕版の方のスクリーンのほうが大きい場合が多く、最新作でも吹き替え版は小さめの劇場で上映されることが多い。

 

IMAX3Dとかで見たい場合は選択肢が字幕しか無いということもあり吹き替え派は辛い思いをする必要があるだろう。

 

結論

 

こうやって書いてみて思ったのだがどっちでも好きな方でいいわって結論に至った・・・。

 

ただ、一緒に映画を見に行きたい人にとっては結構重要な問題かもしれないので上記の論理で論破することをおすすめする。

 

俺は基本的に一人で映画を見るので吹替版ばっかり見ているね。