ただの闇

もうとっくの昔にダークサイド

思ったほど差がないことにようやく気がついた

最近ようやく気がついたことがある。

それは高い案件と安い案件とであんまりやることに差がないこと。

 

結局金持ってる会社の仕事をすれば高い金を支払ってもらえて予算の無い会社の仕事はどれだけ頑張っても大した金を貰えない。

 

だから積極的に金を持ってそうな会社に対してアピールして仕事をもらうのが重要であり、取れそうだからということで小さい会社の仕事を取りに行く必要はないということになる。

 

恋愛関係も同じやわ

これって恋愛と同じじゃんって気づいた。

 

なんでか?結局美人もブスも人間であるので好みがあるわけだ。

どこかの美容外科の医者が言ってたけど人間なんて一皮むけばみんなおんなじって言葉を思い出す。

 

美人だから不細工がアプローチして失敗する確率が上がるわけじゃない。不細工がブスにアプローチしても失敗する確率はそんなに変わらないはずだ。

 

なぜならブスにも美人と同じように心があるからね。ブスだから不細工を受け入れるか?と言うとそうじゃないんだよ。

 

なんでそんなことがわかるかって?俺が不細工なのにブスにアプローチされてもお断りだからだよ。俺はブサイク界では中の上ぐらいのレベルなのでブサイク界ではモテる。

 

ただ、ブサイク界の人間からモテてもどうしようもないのである。ちなみに今までなんかアプローチされた感じの人は体脂肪率が40%ぐらいありそうな人ばかりだった。俺は太っている人には全く興味がない。

 

なぜならブスはどうしようもないから許せるけどデブは痩せればいいのに痩せようと努力をしてないからだ。

努力をしてない人間は好きにはなれないただそれだけだ。(ブスでもおしゃれに気を使っていたり美容に力を入れている人は許せる。どうせブスだしと諦めている人間は許せない。)

 

で、結論を言うとマジでブサイクに告白するリスクと美人に告白するリスクはそれほど違わないからブサイクが好きで好きでたまらないってことでもない限り妥協してブスに告白する意味はあんまりないよねってことでした。