ただの闇

もうとっくの昔にダークサイド

都心は毎日交通戦争

朝、派遣先の会社に行く時にチャリで行っているのだが朝の9時に会社につくように自転車を40分ほど漕いでいる。

 

この時間帯は特に交通量が多い時間帯だと思われるわけだがとにかく毎朝事故が起きるか起きないかのギリギリのところで出社している。

 

この前は信号が変わりそうな時に自転車で急いで横断歩道を渡りきろうとしていたら右折車両がノーブレーキで突っ込んでくる。正直俺が焦ってブレーキかけたら確実にひかれて天高く俺の身体はふっとばされてアスファルトDDT食らわされていた感じだったが曲芸師のごとく紙一重ですれ違えた。

向こうもこっちに気づいているはずだから完全にノーブレーキでひきに来てる感じだった。マジで殺しに来てる感じがヤバ過ぎる。

 

他にもチャリが多すぎて歩道がもう訳わからない感じになってるし、車道の端っこ走ろうものなら逆走してきたチャリに突っ込みそうになるし、そんなギリギリ通る?ってぐらいギリギリで追い越していくタクシーにひかれそうになるし歩行者も急に飛び出してくる…。

スクランブル交差点なんかもうパニックだよ。どっからどうチャリが来るか歩行者が来るかわけわからん。

 

本当に毎日よく事故が起きないでこのラッシュアワーをくぐり抜けているよなってぐらい交通戦争が続いている…。

 

電車は電車でギュウギュウに押し込まれて暑苦しい満員電車で会社に行く必要があるわけだし地獄だよな。

 

ほんとリモートでの労働が当たり前になる時代が来ないと通勤という非生産的な活動で多くのエネルギーが失われてしまってもったいないよ。毎日満員電車で立って会社につくまでにすでに疲れてしまう生活は非効率極まりない。