読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

ブロガー始めて2年半ぐらい経った今思うこと

マジでブログで稼ぐの難しいってことが一番大きい。

 

今1番でかい問題としては企業が金かけて記事を作ってマジでネットコンテンツの広告収入を軸としたビジネスをやり始めていることが挙げられる。

 

はっきり言ってあいつら金の力を利用してライターを雇って記事を大量生産して個人ブロガーのコンテンツをねじ伏せにかかっている。

 

今結構問題になってサイトそのものが閉鎖されたDeNAのような会社が山ほど出てきている。DeNAに関しては上場企業なので問題となるようなコンテンツで収益化することは不可能ということで自滅した形だがそんなこと関係ない小さな会社とか裏の金を使ってビジネスしようとしている投資家やベンチャーキャピタルがいくらでも参入してくるのが目に見えている。

 

今は美容系や健康系など金が手っ取り早く稼げる分野を狙っている企業が多いが徐々に粗利の少ない分野にもこういったキュレーションメディアと言う名のパクリコンテンツでできたサイトがどんどん出来てきている。

 

私がブログを書いている分野にもこういったひたすらコンテンツを量産する節操のないキュレーションメディアが登場しひたすらアクセスの多そうなワードを狙って検索エンジンの上位を必死で奪い合う血で血を洗う戦いが始まっているように感じる。

 

このやり方が当たり前になってきたのはやはり1円ライターと呼ばれるクラウドソーシングで気軽にネットの情報をパクってリライトするだけで金を稼ぐような素人ライターが大量発生しているのがでかい。短期的に考えると自分のブログを成長させて月3万円稼ぐよりもパクってリライトしたブログを1文字1円で納品して1000文字で1000円稼いで月30本納品するほうが圧倒的に簡単だからである。

 

もうこうなってくると本当に一般のブロガーでは太刀打ちできない世界になってくる。今までそれなりにアクセス数のあったサイトは今年になって20〜30%のアクセス数減になり、調べてみると私がアクセスを稼いでいた検索ワードはキュレーションメディアに全て上位を独占されている。内容は私のサイトの内容をリライトして私以外のサイトの情報なども載せて内容を膨らませただけのサイト。

 

今後はこういうやり方がネットの世界を変えていくかもしれない。結局検索上位にあるコンテンツをパクりまくって数の暴力でサイトボリュームを膨らませて巨大化させ検索ワードを徐々に独占していく。DeNAのウェルクと同じやり方である。

 

結局は金の力が全てであり、個人ブロガーの一次情報は全てリライトという名のパクリで奪い取られ個人ブロガーはキュレーションメディアの栄養源になるのみである。

 

ブロガーを2年半やって思うことまとめ

 

私が会社員辞めてブログだけで生活してみようと思った理由はガチでブロガーやってみて会社にいた時間を全部ブログにつぎ込んだらどこまで収入を増やすことが出来るんだろう?と思ったのが始まりで今多分マックスまで来たと感じる。これからはキュレーションメディアにどんどんアクセスの多いワードを独占されて私の収益はどんどん下がる一方だと思う。

 

残念だがブロガーとしての限界はもはやここまでのように感じる。この2年半、好きなブログだけで生きてこれたのは本当にいい経験だったと思う。この経験はおそらく人生において非常に大きな力になると思う。

 

元々ブログで儲けてそれだけで飯食っていって死ぬまでブロガーやっていこうとは思っていなかったので本当にブログだけで2年半生活できたのは凄いと思うし十分頑張った。

今後はブログはただの趣味として時々更新するぐらいの感じでやっていけたら良いかなと思う。

 

まぁブログで食えなくなっても俺にはWebデザイナーとしての7年の経験があるのですぐに何処か就職できるだろう。人生の夏休みは今年で終了だね。