ザ・リビングデッド

私は既に死んでいますが肉体はまだ動くようです

IT関連という過剰なまでの客商売

ちょっと知り合いのサイト作成を頼まれて10万でやることになったわけだけどマジで止めときゃ良かったわ。

 

大体半月もかからずに検収まで行くと思ってた案件なのに次から次にこれもやってこれもやってって言い出してマジでふざけんな!追加なら金も追加せいや!って思うけどとりあえず一旦落ち着いて放ったらかしにしておいてブログのアクセス解析とかサイトの修正とかやること無くなったタイミングで手をつける感じで進めていた。

 

知り合いだからこの辺の納期のゆるさが認められいてそのへんは楽でいいんだけど普通に1ヶ月以上経ってまだ終わらん。

 

何時間この案件やってんだろう?多分日報とかで管理したら相当な時間使ってるのが見える化されるんだろうけどむなしくなるだけだからやらんけどね。

 

ITの案件って金が発生しにくい

 

普通お好み焼きにエビとか餅とかトッピングしたらお金追加されるよね?

なんでか知らんけどITの場合はなんか結構色々追加してもタダでできるみたいなイメージじゃない?

 

こっちは作業時間という資源を費やしているんだけどそれが全然わかってないような気がする。

 

不思議やね。とても不思議。これほどまでに客と作り手のギャップが激しい業界もないと思う。

 

その道10年の職人にちゃんとした物を作ってもらおうとしたらそれなりにお金が高くなるのは当たり前だし作り直してもらおうとするとまた追加料金が発生するよね?

 

壺とか皿とかオーダーメイドで作ってもらっておいて色が気に入らないからもう一回作り直してみたいなこと平気な顔して言える?粘土ねって釉薬かけて釜で何十時間かかけて焼き上げた作品をぶっ壊して新しいの作ってくれ、もちろんタダでって言える?

 

IT業界だけ何故かそれが普通に言えるんだよね。クライアントの力がなんか絶大なのか知らないけどデザインが気に食わないから最初からデザインし直してとかここが気に食わないからこんな感じにしてって感じで普通にこれまでの何十時間かの作業を無駄にしてやり直しをさせる。

 

そりゃ壺に穴が空いているとか皿にヒビが入ってるとかの明らかな不良品なら作り直すこともあるだろうけどITの場合、最初に要件定義した機能がちゃんと動いているのに追加注文してくる。

 

過剰なサービスが業界をブラック化させる

この問題って今問題になってるヤマト運輸の人手不足問題と重なってくるものがあると思う。

 

不在の場合何度も無料で届けに行くのが当たり前みたいなことになってるせいで人手が不足してしまってサービス残業で対応しないとダメになって最終的に値上げせざるを得ないみたいなね。

 

過剰なサービスが行われてしまった結果そもそもその職業がブラック化してしまって本当に好きな人間以外がやりたいと思えない職業になってしまう。

 

保育士なんて本当になりたい人ですら給料が安すぎて続けられないとかいう問題が起こってる。

 

確かにお金を払う側からしたらお金払ってるんだからこっちの言い分聞きなさいよ、みたいな感じかもしれんけどそれやっちゃうと最終的にそのサービスを続けていくのが困難になってサービスを受けられなくなったりする可能性が出てくる。

 

言ってみれば風俗嬢にNGサービスを無理やり迫った結果その嬢が店を辞めてしまったり自分自身が入店禁止リストに載ってしまったりするわけだ。不利益を被るのは自分なのだ。

金が無いやつほど身分をわきまえない

特に金が無いやつほどこの傾向が強くてたかが10万円なのに私はお客様なのよ!あなたは黙って作業すればいいのよ!口答えするな!みたいな態度取られても(苦笑)

100万出すならその態度でいいよ。大体市場価格の3倍ぐらいは出すなら態度でかくてもまだ許せる。

なのに市場価格以下でやらせといて態度でかいってなんなん?

 

まぁこういうクライアントはどんどん制作会社から切られていってどこも仕事を受けてくれなくなってしまうだけなのでいいけどね。安く仕事を引き受けてくれるフリーランスをいたわらない横柄なクライアントは最終的に割高な制作会社にしか相手してもらえなくなる。

 

久しぶりにサイト制作やったけどマジで無いわ。次回頼まれたら100万円以下の仕事受け付けてないんで他当たってくれますか?って言うことにしてる。

 

仕事選べる立場にならんとこういう変な客の仕事をずっとせなあかんから大変やな。